花嫁が知るべきこと|素敵なウエディングにしたいなら会場選びは重要

素敵なウエディングにしたいなら会場選びは重要

花嫁が知るべきこと

ブーケ

気を付けるところはなにか

大阪で結婚式する人が知っておくべきことは、まず結納を行う場合には、女性から男性に記念品を贈るしきたりがあります。堺地方などは、ネクタイピンを贈る習慣があります。結納金は相場がおおよそ50万円から100万円。けして安くはありませんが、このあたりの金額をけちると両親の受けが悪くなるので、大阪で結婚式をする男性はそういうものなんだと諦めてきちんと準備しましょう。結婚式と披露宴ですが、大阪は派手なイメージがあり、たしかに派手な式を好む傾向があります。しかし、費用面に関しては全国平均並です。つまり、費用はかけずに豪華な結婚式と披露宴になるように、工夫しているのです。このあたりの感覚が商売の町、大阪らしいところです。

どんな特徴があるか

結婚式での引き出物についてですが、おおむね5000円相当で記念品と引菓子の2品用意する場合が一般的です。これは関東地方と変わりありません。しかし、そこは商人の町、大阪。この2点の他に鰹節など縁起物を加えることもあります。当人同士の希望というよりも両家の希望を盛り込んだ引き出物を選ぶといいでしょう。ご祝儀については、東北や関東などの他の地域に比べて高い傾向があります。友人からは3万円が基本で、事情がある場合以外はそれ以下の金額にはしない方が無難です。結婚式場には、チャペル、専用式場、ゲストハウス、ホテルの4種類があります。大阪は一大都市ですから、昔から住まわれている方もいれば、最近、仕事の関係で転勤されてきた方もいます。伝統的な式に盛大に式をするのか、またコスパ重視で少人数でするのかは、両家の希望次第。何でも両家の以降に沿うこと難しいかもしれませんが、一番どんなことを重視したいのかを両家の親族に事前によく確認しておくと、後々もめませんので、いいですよ。